データのメンテナンスのための3か条

Data QualityE commerce
By Satou Yoko, 2022年2月22日

商品データはその便利さとポテンシャルの高さにも関わらず、大半のECサイトで見落とされがちです。この記事で紹介する3つの情報を参考に、商品データの見直しをはかりましょう。
近年のEコマースは日々成長を遂げており、AmazonやEbayといった大手のECモール以外にも個人の小売業者が気軽に参入できるようになっています。ではネット上に存在する数多の競合相手に差をつけるにはどうしたらよいのでしょうか?

 

商品データは見込み顧客をあなたのECサイトに引き込み、ブランドの価値を高めてくれる重大な役割を担っています。実際にはサイトナビゲーションを改善することで買い手が目当ての商品をより早く見つけられたり、購入の手続きをよりスムーズなものにしたりすることができます。  

 

ネットショッピングをするうえで最も弊害となるのが、買い手が実際に商品を手に取ってみることができないという事実です。ですがこれは現実世界でもある一定の買い物において同じことが言えます。商品を購入して実際に使ってみるまで、その商品のラベルに書いてあることを信用するしかないからです。そこで買い手はネットでリサーチを行う習慣があります。事前に口コミなど商品について調べてから店舗に赴きます。この傾向はネット上での商品説明の鍵となります。

 

情報を頼りに買い物をする習慣がついている消費者にとって、商品の説明文は非常に重要です。事実、商品画像をより鮮明なものにしたり、商品ページの情報を更新することで売り上げが倍増するというのはよくあることです。売り手にとっては小さな変更であっても、実はブランドの価値を高めたり、買い手にとってはより良い買い物体験につながっていたりするのです。

 

データの整理

 

メーカーが商品を製造する際に決めた属性と、マーケティング部が考える商品のハイライトが違うということはよくあります。商品データの重要性を踏まえると、売り手はオンライン市場をリサーチして、メーカーの意図を汲まなければなりません。ところが実際にはそこに明確なガイドラインやマニュアルはなく、それぞれの意図がバラバラなまま結果として重複やチャネルごとのばらつき、ひいてはベストではない買い物体験を買い手に与えてしまう可能性があります。

 

従来の最も一般的なECストアの管理システムは、常に流動する新しい属性や、新しい商品の情報、別々のオムニチャネルの要件などに適応しきれていないのが現状です。

 

データクオリティ

 

商品データはその重要性にもかかわらず、多くのEコマースの売り手は活用することがうまく出来ていません。始めは4〜5つの属性で充分でも、新しい商品やそのアクセサリ、より詳細が求められる商品情報などによってすぐに状況は変化します。それに加えてチャネルごとに求められるそれぞれのデータの条件は、商品データの改善をより複雑化するでしょう。

 

新しいデータが追加されたらガイドラインに沿ってすぐに統合されるべきですが、売り手はデータを泳がせておいてその場その場で対処するという従来のやり方に陥ってしまいがちです。そして残念ながら、こういった継ぎ接ぎの自転車操業はビジネスが拡大すればするほど間に合わなくなります。

 

多くのメーカーはマーケティングの仕事を雑誌やカタログなどといった第三機関の情報提供メディアにまかせがちです。ですがこれら紙媒体はすでに以前ほど効率的ではありません。売り手は他の媒体で補っていく必要があります。

 

商品データの改善に役立つ箇条書き:

 

  • 複数のソースからデータを集める時、クローラーを利用する。
  • すべてのチャネルとプラットフォームに共通の新しいデータにおける明確なガイドラインを作成する。
  • 新しい商品とそのデータの分類において柔軟性を保つ。
  • 総合的なダッシュボードから得た統計と分析をもとに、顧客の動向を把握する。
  • セマンティクスから情報を検索する。

 

クオリティの高い商品データを製作するためには、売り手の考え方や業務の仕方を根本から変える必要があるかもしれません。従来の管理システムでは日々上がり続ける顧客のニーズに応えることはできません。新しい管理のシステムを導入するほかに、明確なガイドラインも作成し、ショップ内のデータを統合する方法を統一しましょう。

 

データの要件と調整

 

売り手はつねにチャネルを展開し、様々なプラットフォームから新規顧客を集めなければなりません。問題は、それらチャネルによってさらに必要になってくるデータ、タグデータです。

 

商品のタグデータというのは、検索した時に商品が出てくるようタグ付けされた、関連しうる全ての属性のことを指します。タグデータは商品が検索され買い手に見つけられるために欠かせません。いくら商品データのクオリティが高くても、タグ付けがされていなければ買い手が商品を見つけることができないため意味がなくなってしまいます。

 

さらに複雑なのは、それぞれのEコマースのプラットフォームにおいて、チャネルごとの違ったフォーマットとタイプのデータを求められるという点です。新しいプラットフォームに商品をアップロードする際には、その都度、大小異なる観点から商品データの調整を行わなければなりません。いくら商品データを改善できたとしても、別々のチャネルやプラットフォームによって異なる条件に見合わなければ商品ごとはねのけられてしまう可能性もあるのです。

 

もしこれらの膨大な作業に不安を覚えたら、Lisuto(株)にお問い合わせください。Lisuto(株)独自のテクノロジーとEコマースの総合的な知識を合わせ、商品データをあなたのECサイトに最適化するお手伝いをします。Lisuto(株)専有のAIテクノロジーで既存の商品情報を修正、完成させて、それぞれの出品先ECモールに合った形でタグ付けを行います。商品データやタグ付けに関する詳しいサービスについてはお気軽にお問い合わせください。

無料デモで効果を検証

    Name
    Email
    Phone
    Company