マルチチャネルのために最適な商品データとは?

OmnichannelFeed managementE commerce
By Satou Yoko, 2022年5月09日

最新の研究によれば、問題なく商品データをECモールなど外部チャネルにアップできているEコマースの売り手は、わずか30%なのだそうです。もちろん、必要となってくるデータとその様式はチャネルごとに異なります。マルチチャネルを運営するために、データの最適化が欠かせません。


昨今のEコマースにおいて、公式サイトのみまたは一つのECモールのみに頼る売り手は少ないでしょう。Eコマースの主流となりつつあるマルチチャネルやオムニチャネルは、単独のチャネルより多くの集客と購買チャンスが見込めますが、それぞれのチャネルに適した形でデータを作成し、調整し続けていく必要があります。

 

イギリスのリーティングソリューションプロバイダ、インテリジェントリーチによる研究から、高クオリティで完成された正確な商品データをECモールなどの外部チャネルにアップできている売り手は、わずか30%であることが分かっています。残りの70%は、基本的なデータ(商品タイトルや基本の商品説明など)のみはできていても最適化されていないため、集客の大きなチャンスを逃しているのです。

 

基本データのみしか提供できていない場合、買い手が商品について前知識を持っていることが必須となってきます。例えばほとんどのECサイトでは、商品名と写真があれば買い手は商品を理解することができます。しかしこれは、買い手がそのお店またはECサイトにすでに訪れたことがあり、何が売られているか知っていることが前提です。

 

ほとんどの外部チャネルでは画像からデータを抽出することができず、ブランド名などのタイトルのみから情報を得ることになります。その場合、これら外部チャネルからアクセスしている買い手はそれがどんな商品なのかわからないままということになります。

 

要求されるデータやその様式はチャネルごとに異なるため、マルチチャネルにはチャネルごとのデータ最適化が欠かせません。

 

この記事では外部チャネルのデータ最適化に役立つ4つの方法をご紹介します。

 

    • 高クオリティな商品データとカテゴリー構成
    • 商品のタイトルの補強
    • 違ったキーワードを試す
    • 特定のチャネルに合わせたデータの最適化

 

高クオリティな商品データとカテゴリー構成を作る

 

カテゴリーデータは、外部チャネル内のカテゴリー構造から商品を正確に引用するために使用されます。もし商品のカテゴリータグが抜けていたり間違っていたりした場合、そのチャネルでカテゴリー検索されても表示されません。

 

検索結果に表示されるチャンスを増やすためには、できるだけ多くの関連情報をのせましょう。買い手の関連に近い情報であればあるほど、検索結果の上位に表示されやすくなります。

 

商品のタイトルを補強する

 

上述の通り、ほとんどの売り手がチャネルごとに商品情報を調整せず、公式サイトにすでにある商品データとタイトルを使用しています。その結果、ノートパソコンのGoogleアドセンス広告にて、“ASUS E410MA-EB0008TS”などといったタイトルが表示されることになります。

 

買い手はこれだけではそれがどんな商品なのかよく分からず、さらには検索結果にもあまりのぼりません。検索でヒットしやすくするためには、例えばOSやドライブの容量、RAMなどといった情報をタイトルに含めることをおすすめします。そうすることで索引された際により多くの情報がひっかかるため、検索結果に関連しやすくなります。また、買い手はその情報を得たうえでリンクをクリックするため、高い転換率にもつながります。

 

いろいろなキーワードを試す

 

ひとつの商品であっても、買い手が検索に使うキーワードは様々です。違った角度からの視点や可能性を考慮して、もっとも使われるであろう言葉を探しましょう。

 

検索クエリをチェックすることで、買い手がどんなキーワードを使っているか調べることができます。また、競合他社や、Google広告で使われているキーワードなどもリサーチするとよいでしょう。

 

検索結果上位に表示させるためタイトルに情報を加えることは大切ですが、もちろん加えすぎには注意が必要です。長すぎたり複雑すぎるタイトルは逆に買い手の目を遠ざけます。必要な情報だけを厳選して、簡潔なタイトルを作りましょう。

 

特定のチャネルのためのデータ最適化

 

オムニチャネルはより多くの顧客にアプローチできるものの、その分準備も必要になります。 すべてのチャネルは少しずつ異なったシステムを持っています。そのためそれぞれに適した商品データが必要とされます。つまり、売り手は全ての商品データを見直し、チャネルごとに適宜調整する必要があるということです。

 

例えば属性や特性の名前の変更や、商品タイトルに含むキーワードの変更、チャネルごとのターゲット層に合わせた説明文の変更などがあります。

 

これらの恒久的な調整と最適化を行わなかった場合、ほとんどの外部チャネルでパフォーマンスが下がってしまうでしょう。もしくは仕様の変更などに合わずに商品が削除されてしまうかもしれません。

 

とはいえ全てを点検、変更する前に、一度ABテストを行ってみるのもおすすめです。商品カテゴリを選んで、一方のみを最適化してみましょう。同カテゴリでどちらが良いパフォーマンスをするか比べることができます。最適化の結果に満足できるようであれば、全体の最適化を始めてみましょう。

 

結論

 

オムニチャネルをあなたのビジネスに取り入れる際、それぞれのチャネルに合わせて常に商品データを最適化していくことは欠かせません。チャネルごとに特化させればさせるほど、集客や売り上げの上昇が見込めます。

LISUTO(株)では自社独自のテクノロジーとEコマースの幅広い知識を組み合わせて、商品データ最適化のお手伝いをしています。LISUTO(株)独自のAIテクノロジー「AIタッガー」で既存の商品情報を点検し、ECモールによって異なるタグ情報にも対応したタグ付けを行います。商品フィードをよりハイスタンダードに引き上げ、すべてのチャネルをベストな状態に保ちましょう。「AIタッガー」によって、どれほどタグが追加できるのか、どれだけ効果が期待できるのかなど、無料で検証することが可能です。お気軽にお問い合わせください。

無料デモで効果を検証

    Name
    Email
    Phone
    Company