商品データのクオリティを上げるコツ

Data QualityE commerce
By Satou Yoko, 2022年3月30日

商品データにおいて重要なのは、多すぎる情報量で顧客を圧倒させてしまわないことです。読みやすく、買い手のニーズに合った説明文を目指しましょう。高クオリティな商品データは、ビジターを顧客にするためには欠かせない要素です。


ネットショッピングをするうえで、到着を待ちに待った商品が実際に見てみたら予想と違ってがっかりした、そんな経験は誰しもが一度はあるでしょう。注文したコートがサイトに書かれていたより少し長かったり、画像で見て白だと思った靴が実際にはオフホワイトだったり…。Eコマースユーザーの大半分が、一度は実際に届いた商品がサイトの情報と違ったためという理由で商品を返品したことがあるようです。そしてその原因は低クオリティな商品データにあります。もちろん、そんな経験をしたユーザーはそのECサイトで再び買い物をすることはありません。

 

高クオリティな商品データとB2B

 

購入元の情報によってビジネスが左右されるB2BタイプのECサイトの場合、商品データのクオリティの高さはさらに重要となってきます。例えば、建築の会社があなたのECサイトから1000個ネジを注文したとします。もしそのサイズが間違っていたとしたら、損害は顧客のビジネスに支障をきたし、あなたのサイトは顧客からの信用を失うでしょう。

 

ECサイトがB2Bにおいて成功するためには、顧客に良い買い物体験を提供することが大切です。数あるECサイトの中からあなたのサイトで買い物をするかどうか決めるのは一瞬です。魅力的、かつ正確な商品データを提供し、サイトのパフォーマンスを向上させましょう。

 

ではどうやったら商品データのクオリティは上げられるのでしょうか。

 

商品データの重要性

 

コロナウイルスによるパンデミックにも関わらず、もしくはその恩恵を受けて、Eコマースは2020年、世界的に25.7%の経済成長を見せました。Eコマースは多くの人にとってメインの買い物の方法となりつつあります。商品情報を含む商品ページは、そんな見込み顧客にとって、魅力的で関連高いものでなくてはなりません。商品の魅力や他社製品との違いをアピールすることで、Eコマースビジネスの成功へとつなげましょう。

 

商品データと買い物体験

 

良い買い物体験はサイトの再訪につながります。サイトナビゲーションや素早い支払いのプロセスなどに気を付けて、より使いやすいサイトをデザインしましょう。高クオリティな商品データはサイトデザインにも役立ちます。情報量を整理し、関連性の高い情報のみを提供することが大切です。

 

また、カスタマーの行動をリサーチして彼らのニーズを知ることも欠かせません。検索クエリや注文履歴、カスタマーサポートなどの情報を集めて、買い手の立場になってサイトに何を求めるか考えてみるとよいでしょう。買い手の目線から、求める情報を商品説明として書くことをおすすめします。

 

顧客の声を活かしてサイトを作ることで、ネット上であっても買い手と売り手はつながることができます。より良い買い物体験を提供してまたあなたのECサイトで買い物をしてもらえるよう、情報の収集と改善をしましょう。

 

より個人的な買い物体験

 

また、商品データは買い物体験をよりパーソナルなものにするためにも活用できます。例えばEbayでは、買い手の閲覧履歴からより興味の高そうな関連商品をレコメンドしています。つまり、同じ商品のページであっても閲覧している買い手によって、違う関連商品やレコメンドが表示されているということになります。こういった個人的な買い物体験は、より買い手をサイトにとどまらせ、高い転換率をもたらすことが分かっています。買い手の求めるものを知ることで、よりパーソナルな買い物体験を提供してあなたのサイトの発展に役立てましょう。

無料デモで効果を検証

    Name
    Email
    Phone
    Company