商品データの改善のコツ

Feed managementNavigationTaggingE commerce
By Satou Yoko, 2021年11月08日


Eコマースにおいてデータフィード(商品データ)(※以下、データフィード)の最適化は欠かせません。買い手の見る商品ページの改善につながり、ひいてはさらなる売上の増加につながります。


データフィードの最適化をするにあたってどの商品にフォーカスするかというのは常に売り手が悩まされる問題です。取り扱う商品数が多ければ多いほど、それを決めるのはより難しくなってくるでしょう。

資金や労働時間などといったリソース、マーケットのコンディション、売上戦略など様々な条件によって決定されますが、どの商品をフォーカスすべきかといった決まりはありません。ではデータフィードの最適化はどう行えばよいのでしょうか?この記事では商品の優先順位の付け方について、いくつかのコツを紹介します。

 

 

そもそも最適化とは?

 

 

Eコマースにおけるデータフィードの最適化とは、買い手に提供する商品データのクオリティを上げ、より良い買い物体験と売り上げの増加を目指すことを意味します。商品の説明文、画像、タグによるナビゲーション、リンク、レビューなどといった、買い物の決定を左右する重要なデータをまとめて商品データといいます。

 

 

 

 

商品データ最適化の例を見てみましょう:

 

 

    1. バックパック NF 75L グリフィン.
    2. バックパック, ノースフェイス, グリフィン, 75 リットル, メンズ, ブラック, サイズL.
    3. バックパック, ノースフェイス, グリフィン, 75 リットル, 調節可能バックパネル付き, パワーメッシュフロントポケット, 取り外し可能, 前開き蓋ポケット, 2ポケット付き腰ベルト, メンズ, ブラック, サイズXL.
    4. グリフィンバックパック。ダイノキャリーシステム™, 重心を支える腰ベルト, 取り外し可能の軽量デイパック付き, 大容量のグリフィン75は日常使いから旅行まで幅広くお使いいただけます。メンズ サイズS-XL, 67%.

 

 

 

一つ目は在庫リストの説明文です。必要最低事項のみで、これを読んでも買い手は購買意欲を抱かないでしょう。二つ目はもう少し分かりやすい情報がありますが、それでも充分ではありません。三つめは商品情報は多くあるもののリスト形式に並べられており、より広告向けです。四つ目は買い手が求める情報も十分にかつ魅力的に書かれています。こういった説明文と商品画像が商品ページには必要とされています。

 

 

売り手がフォーカスすべき商品:

 

 

明確なのは、あなたのECサイト内の売れ筋商品と人気ブランドです。

 

 

  • 80:20のルール - サイトで販売されている商品の20%を占め、売上の80%を生み出している商品にフォーカスし、まずはそこから最適化しましょう。
  • コア商品 - サイトのブランドやクオリティを代表するような商品ももちろん最適化に必要です。
  • ハウスブランド - サイトオリジナルのハウスブランドも同様に、検索結果上位に来るように最適化しましょう。
  • マーケットフォーカス - 電気製品全般を扱うサイトであっても、カメラが専門なのであればカメラの商品ページを最適化しましょう。
  •  

 

 

その他の最適化の方法:

 

 

  • 新商品 - 新しい商品がサイトに入荷された際は、きちんと買い手の目の届くように最適化されていなければなりません。
  • 季節ごとの商品 - ファッションサイトなどの場合は特に、季節ごとに合わせた商品の最適化をしましょう。
  • サイト内制限 - サイト内で特定のセクションに制限をかけている場合は、可能な商品すべてを最適化しましょう。
  • 配送方法 - 店舗受け取りを可能にしているサイトの場合は、オンライン配送の商品のみがその他ECサイトとの競合対象であることを忘れないようにしましょう。店舗受け取りの商品より配送商品のほうが優先順位は上になります。
  •  

 

 

他にも最適化に必要な手順は以下があります:

 

 

  • 最適化の名前が示す通り、データフィードの最適化は一から制作するのではなくすでにある商品情報を精査、最適化することにあります。売り手は常にチェックと最適化を怠らないようサイトを更新しましょう。例えばすべての商品に画像は必須です。これによってサイトの信頼度は上がり、転換率も上昇します。

 

 

  • サイトナビゲーションに力を入れる。属性や特性を選んで検索結果を絞り込むサイトナビゲーションを取り入れている場合は、データフィードを最適化しなければなりません。結果から商品が消えてしまわないためには、属性や特性に重複がなく、完璧なものである必要があります。

 

 

オンラインディストリビューションの準備

 

 

データフィードが最適化されたらマーケットプレイス(ECモール)に分布しましょう。マーケットプレイスごとにそれぞれ違ったルールや規則があるため、データフィードもその形態に合わせる必要があります。

 

 

データフィードを最適化しておくことで、マーケットプレイスごとに必要な調整も簡単になります。とはいえそれぞれのルールや規則を調べるのは楽な作業ではありません。また別のマーケットプレイスに出店する際の変更や調整も時間がかかります。

 

 

LISUTO(株)にできること

 

 

LISUTO(株)では、Eコマースの専門知識とテクノロジーを組み合わせ、データフィードの最適化をお手伝いします。LISUTO(株)独自のAIテクノロジーがすでにあるデータフィードをチェックし、マーケットプレイスの仕様に合わせたタグ付けをします。必要な調整と修正も行い、あなたのECサイトのデータフィードをさらにハイスタンダードなものへとブラッシュアップ。どれだけ効果が期待できるのかなど、無料で検証することも可能です。お気軽にお問い合わせください。

 

無料デモで効果を検証

    Name
    Email
    Phone
    Company