商品データの管理者になるには

Data QualityTaggingE commerce
By Satou Yoko, 2022年2月08日

日々多くの新商品の属性とセールスポイントが生まれる中で、売り手は商品データがどう分布されているかを把握し管理することが重要です。したがって、顧客のニーズを念頭に置いて、データ要件とビジネス全体の分散を管理する責任者がすべてのECストアにおいて必要とされています。ではどうしたらその“責任者”になれるのでしょうか?
洋服や食品などの分野で有名なブランド商品を提供しているほとんどのECサイト小売業者は、競合他社との差別化に苦戦しています。多くの競合サイトで同じ商品が販売されていますが、商品データ構造は各販売者によって異なるため、複雑化することがよくあります。構造内において各機能は、独自のデータを所有しそれを管理します。たとえば、配送部門がロジスティクスデータを所有し、マーケティングが価格設定と売り上げを管理します。

 

商品データの管理構造が明確で整理されていると、売り手はデータがすべてのセクションで同期されていることを楽に確認することができます。さらに、ますます多くの新商品の属性とセールスポイントが出現し続けるうえで、商品データがどのように配布されているかきちんと把握しておくことが重要です。

 

顧客のニーズを念頭に置いて、データ要件とビジネス全体の分散を管理する責任者がすべてのECストアにおいて必要とされています。

 

このデータ責任者は、明確なデータガイドラインの下で連携するために、マーケティングや発送など、さまざまな機能において同期を担当します。そのためには、データチーフは、すべてのタイプの商品データを処理するための効率的なプロセスを作成する必要があります。

 

データ管理には、さまざまな時間枠での作業も必要です。年間での時間枠と、日ごとの最適化の時間枠があり、それぞれ適切に管理するためには異なるガイドラインが必要です。たとえば、新しい商品の画像の更新は、商品の素材の更新とは異なる時間枠で行う必要があります。 前述のように、データチーフは顧客を念頭に置き、最善のショッピング体験のためにデータを管理しなければなりません。ここでも、データの品質と各セールスポイントなどのさまざまな要件に焦点を当てて、すべてのECモールとチャネルに商品データを配布する明確なガイドラインを作成することがおすすめです。常にさまざまな機能からのフィードバックを集め、データを最適化してビジネス全体の効率を高める方法を探していきましょう。

 

Eコマースは日々進化しており、情報に対する需要は増加の一歩をたどっています。売り手は商品データを毎日最適化する必要があることを忘れないようにしましょう。

 

  データ管理の仕事は簡単ではありません。毎日商品データを最適化しながら、機能ごとに異なるガイドラインを作成したうえで、すべての新しい属性やECモールのデータが求める様式に対応しなければなりません。もしここに一貫性と均一性が欠けると、努力が無駄になってしまうだけでなく、重複や最終的には売り上げの失敗につながってしまいます。

 

Lisuto(株)は、テクノロジーとEコマースの消費者向け商品に関する深い知識を組み合わせて、商品データの管理および最適化の手助けをします。 Lisuto(株)独自のAIテクノロジーを使用して、既存の商品データを調べ、それぞれのECモール固有のナビゲーションタグでデータにタグ付けを行い、必要な修正と完了を行います。あなたのECサイトの商品フィードを均一に、完全性な最高水準に引き上げ、各チャネルとユーザーに合わせたマッチングをおこないます。お気軽にお問い合わせください。

無料デモで効果を検証

    Name
    Email
    Phone
    Company