商品データの重要性

Data QualitySEOE commerce
By Satou Yoko, 2022年3月01日

商品データを顧客のニーズに合わせて改善してみましょう。高クオリティの商品データは売り上げの向上に大きな効果をもたらします。
商品データは、買い手により良い買い物体験を与える手助けをします。顧客のニーズや興味を調査し、顧客ひとりひとりに合わせた魅力的なコンテンツを提供することで、サイトのPV率や転換率を上げることができます。 通常、商品データは他の項目に比べ規定も少なく、売り手が自由に表現できる場です。ですがやりすぎは禁物です。説明が長すぎると買い手は読む気をなくしてしまいます。的確で高クオリティ、かつ買い手のニーズに寄り添ったものを目指しましょう。 

 

顧客を知ること

 

商品説明欄に何を書くかは、売っている商品、そしてそれを誰が買うかによって決まります。もし売っている商品が何か複雑で多様な使い道やバリエーション、機能があるものなら、それらを説明し、商品のメリットを書くべきでしょう。例えばデジカメを探している顧客の場合、知りたい情報はブランドやモデル、解像度などといったカメラのスペックになります。それらの情報が買い手の購入を左右する決定打になります。もちろん各情報の正確性も欠かせません。

 

商品の謳い文句を魅力的に書くよりも、数字の正確な情報のほうが買い手への訴求力があります。また、SEO最適化のためにも、商品ごとに異なるスペックをキーワードとして使えるので役立ちます。

 

正確な商品情報を書くことで防げること:

 

クオリティの低い商品データ

 

いいかげんで不正確な商品データは、買い物体験そのものを良くないものにしてしまいます。商品情報は買い手の購買欲をそそるためだけではなく、買い手が購入を決定するための情報をきちんと含んでいなければなりません。分かりやすく正確な情報を与えることで、良い買い物体験を目指しましょう。

 

また、商品情報が正確で良くなるのは買い物体験だけではありません。今日のマルチチャネル化したEコマースにおいて、商品を新しいプラットフォームやECモールにアップする際おおいに役立ちます。チャネルによってフィードの規定が異なりますが、整頓された正確なデータがあればその調整がより簡単になります。

 

不正確な詳細

 

ネットショッピングをするうえで最も最悪な経験は、実際に届いた商品がサイトに載っていた説明文と違っていた時です。買い手をがっかりさせるだけでなく、もしその寸法や重さが間違っていたら、送料にも影響するかもしれません。商品データをきちんと精査し、そんなミスが起きないように気を付けましょう。

 

まとめ

 

高クオリティな商品データはEコマースの成功に欠かせません。売り手は買い手のことを考えた商品説明を載せることで、よりパーソナルな買い物体験を与えて買い手とのつながりができ、結果より高い購買率を目指すことができます。

 

Lisuto(株)は弊社独自のテクノロジーとEコマースにおける知識を組み合わせ、あなたのECサイトの商品説明をベストなものに改善するお手伝いをします。Lisuto(株)のAIテクノロジーが既存の商品データをチェックし、ECモール特定のナビゲーションタグをタグ付けします。詳細はお気軽にお問い合わせください。

無料デモで効果を検証

    Name
    Email
    Phone
    Company