商品データフィードのクオリティを上げるために

Data QualityFeed managementE commerce
By Satou Yoko, 2022年6月13日

競争の激しいEコマースで他者と差をつけるには、商品データフィードの強化は欠かせません。低クオリティの商品データはパフォーマンスの低下につながります。


Eコマースの成功に欠かせないのが高クオリティな商品データフィードです。日々成長するEコマースですが、コロナ禍においてその売り上げはさらに加速しています。増え続けるショップからあなたのECサイトを選んでもらうためにはどうすればよいのでしょうか?

 

多くの売り手が見逃しがちなのが商品データのデータフィードです。その改善を行うことで、買い物体験の飛躍的な向上、サイト全体のパフォーマンス向上を見込むことができます。ところがほとんどの売り手はその重要さ、そしてデータフィードが検索結果に影響を及ぼすことを知らずにいます。

 

買い手の検索クエリとデータフィードが一致しなければ、商品は検索クエリの上部に表示されません。クオリティの低い商品データは、買い手の目に触れにくくなるのです。 

 

高クオリティな商品データとその効果

 

商品データはすべての広告の基盤となります。もしデータが正確で完璧であれば、検索により多く表示されるようになり多くの見込み客がサイトに訪れます。またより良く効率的な買い物体験が、高い転換率と売り上げにつながってきます。

 

ECモールやSNSなど、どのチャネルにおいても重要なのはその買い物体験の質です。それぞれのチャネルによって、商品データがどんな情報を含むべきかは変わってきます。もしその商品データのルールが間違っていたら、商品はそのチャネルから削除されてしまう可能性もあります。

  

商品データフィードとECサイト

 

ECサイトとGoogle広告などのアドキャンペーンとでは、買い物の流れが異なります。

 

    • ECサイトでの流れ - この場合の買い物客は、あなたのECサイトで買い物をしたいという意思をもってサイトを訪れます。サイトナビゲーションを用いて欲しい商品の属性を選択し、検索結果を絞り込みます。そうすることで、探していたものをより狭い検索結果の中から見つけることができるようになるのです。

 

    • 広告での流れ -  この場合の買い物客は、どこで買い物をしたいかがまだ明確ではありません。Googleショッピングの広告から買い物がスタートします。探している商品の特徴をGoogle検索に並べ、検索エンジンが並べる商品広告の中から一番理想と近そうなものをクリックすることで、あなたのサイトに訪れます。こういったタイプの買い物客が、ネットショッピングでは全体の50%を占めています。

 

後者のような顧客の買い物の流れをスムーズにするためには、何よりもデータフィードの正確性が重要です。商品データが完璧で関連性が高ければ、買い手が検索するキーワードやフレーズにマッチする確率も高くなります。逆にデータにミスがあったら、検索結果に出てこなくなるため買い手の目に触れなくなってしまいます。

 

高クオリティな商品データ

 

上述のように、商品データは正確かつ買い手の検索に関連性が高い必要があります。また、商品についての情報が詳しく含まれているほど、顧客も購入の判断がしやすくなります。

 

チャネルごとに要求される商品データの条件が異なることも忘れないようにしましょう。商品データは、商品のタイトル、カテゴリー、画像、属性なども含みます。以前はこれらの入力は任意でしたが、現在は必須要項になっており、欠けているとチャネルから削除される可能性もあります。

 

タイトル - タイトルは買い手が一番初めに見るもので、クリックするか、その先の転換率に繋がるかどうかの決め手にもなります。そのため商品のタイトルは、クリックを促すような関連高く正確なものでなくてはなりません。 

 

ECサイトの商品タイトルと、商品データフィードのタイトルを比べてみると違いは明確です。ECサイトでは「PUMA サーブ プロ スニーカー」というタイトルで充分でも、商品のデータフィードのタイトルはもっと多くの情報(男性用か女性用か、色、サイズなど)を含んだ「PUMA メンズ サーブ プロスニーカー 白 オールサイズ」などであるべきです。

 

複数のECモールに出品している売り手は、それぞれのモールに合わせてキーワードやフレーズを調節する必要があります。イギリス英語やアメリカ英語の違いで、セーターをジャンパーと呼ぶなどといった違いに対応しましょう。

 

- 色は通常もっとも重要な商品の属性になります。特性と商品タイトルの両方に含めることが大切です。商品の特徴を捉えることは大切ですが、細かすぎたり専門的すぎる色の名前は伝わりにくいため、シンプルさを心がけましょう。

  

画像 - 画像はタイトルと同じくらい、買い手が始めに見るものであり重要です。あまりに画質が悪かったり、見るからにフォトショップで加工がされていたりするものは買い手を遠ざけます。自分が買い物をする立場になって考え、正確で信用できる、クリックしたくなるような画像を考えましょう。

 

商品説明 - 商品説明も同様にデータフィードの重要な部分です。関連性の高い情報を選んで、転換率や商品のパフォーマンスを上げるような説明文を目指しましょう。

 

商品タイプ - 商品タイプは、その商品がどんなものか買い手がすぐに分かるために必要です。キーワードとなるような属性をタイトルや商品説明に含めます。上の例で言うと、「スニーカー」がそれにあたります。買い手は一発で商品が何かわかります。

 

カテゴリ - カテゴリのタクソノミーを形成し、商品をそれぞれに分類することで、サイトナビゲーションが機能して買い手はより早く商品を見つけられるようになります。

 

在庫 - 実店舗での商品の受け渡しを可能にしているお店の場合は、在庫とそれぞれの店舗との連携も怠らないようにしましょう。

 

グローバル・トレード・アイテム・ナンバー(GTIN) - GTINとは文字通り「グローバルに取引出来る商品番号」のことで、世界共通の商品コードとして大量生産されたすべての製品に搭載されています。 

 

商品データのクオリティは、提供されるソースの情報範囲とそのクオリティに左右されます。 データが正確で完全であればあるほど、商品のパフォーマンスは向上し、買い物体験を向上させるのに役立ちます。

 

オムニチャネル

 

商品データの最適化が終わったら、そのデータの活用を始めましょう。オムニチャネルによる販売方法なら最適化の効果も可視化される上により多くの人の目に触れます。

 

 マルチチャネルに向けたデータの最適化がここでは鍵となってきます。それぞれのチャネルで商品データに求められる規定は異なるので、チャネルごとに調整する必要があることを忘れないようにしましょう。しかしチャネルごとの商品データ最適化は時間も労力もかかる作業です。

 

そこでLISUTO(株)では自社独自のテクノロジーとEコマースの幅広い知識を組み合わせて、商品データ最適化のお手伝いをしています。LISUTO(株)独自のAIテクノロジー「AIタッガー」で既存の商品情報を点検し、ECモールによって異なるタグ情報にも対応したタグ付けを行います。商品フィードをよりハイスタンダードに引き上げ、すべてのチャネルをベストな状態に保ちましょう。「AIタッガー」によって、どれほどタグが追加できるのか、どれだけ効果が期待できるのかなど、無料で検証することが可能です。お気軽にお問い合わせください。

 

結論

 

数あるECサイトの中からあなたのサイトを買い手に選んでもらうためには、データフィードの強化が近道です。データフィードが脆弱なままではサイトのパフォーマンスも上がりません。それぞれのプラットフォームでより多くの買い手の目に触れるよう、データフィードの最適化を続けていきましょう。

無料デモで効果を検証

    Name
    Email
    Phone
    Company