商品リスティングの最適化

Data QualitySEOE commerce
By Satou Yoko, 2022年6月20日

Eコマースのマーケティングに欠かせないのが商品のSEO(検索エンジン最適化)です。SEOは売り手がより高クオリティな商品リストを作成するのにも役立ちます。


人気のある商品を売っているかどうかが必ずしもEコマースの成功を左右するわけではありません。それよりも、売り手のマーケティングやビジネス戦略にかける努力が大きく影響します。競争の激しい中、他の売り手から差をつけるにはどうすればよいのでしょうか?

 

良いマーケティングの基礎となる商品のSEOについて解説していきます。

  

商品のSEOとは

 

SEOとはサーチエンジンの最適化、つまり検索エンジンの結果により多く商品が表示されるように調整する作業を指します。調整は商品を出品しているECモールやチャネルに合わせて行います。

 

ECモールを知る

 

ECモールに商品を出品する際、大切なのはモールのカラーやターゲット層を見極めることです。例えばハンドメイドアクセサリーを販売したい場合、それに特化したようなECモールを探すことが重要です。

 

より多くの人の目に触れるチャンスは、Ebayなど大手のECモールにあります。それぞれのECモールの特徴を掴むことで、より効果的なマーケティングができるようになるでしょう。

 

    • そのECモールの客層はどんな商品を求めているか
    • ECモールの窓口となるような商品はどんなものか
    • そのプラットフォームの個性に商品の提示の仕方を合わせる

 

具体的に何をすべきかは、他者のリサーチが良い指標になります。まずはそれぞれのECモールまたはECサイトなどのプラットフォームで、どこがライバルになるかを見極めましょう。それから彼らの商品の見せ方、いつ新商品をアップしているかなどをチェックして自分のマーケティングに役立てます。

 

高クオリティな商品データ

 

競合相手のリサーチが済んだら、次のステップはリスティングの作成です。前段階で取り入れた情報をもとに、情報に富んだ関連の高いコンテンツを作りましょう。ほとんどのECモールには売り手ができる投稿に制限が設けられています。以下の4つのコツを参考に作成してみましょう。

 

1. 試してみてから調整する

 

リスティングの内容は関連性が高いものでなくてはなりません。調整を重ね、色々なキーワードやキーフレーズを試してみることがリスティングの可視化を上げる上で大切です。ハンドメイドのアクセサリーの例で言えば、「ハンドメイド」「オリジナル」「手作り」などといったキーワードが、見込み客に届きやすいでしょう。

 

商品の窓口とも言えるのが、商品のタイトルです。顧客を引きつけ、また、それがどんな商品なのかすぐに分からせるものである必要があります。調整を重ねることで、タイトルが及ぼす影響がわかります。例えば「エアジョーダン1 スニーカー」のほうが、「ナイキ エアジョーダン1 スニーカー」よりもシンプルで良いケースがあります。買い手が求めている情報はスニーカーのモデルであり、エアジョーダンがナイキの商品であることは明確だからです。

 

タイトルには文字制限があるので、最も関連が高い情報を見極めることが重要です。

 

2. 豊富な情報と正確性

 

誇張表現にはくれぐれも気をつけましょう。実物を見れないネットショッピングで買い手は疑い深くなります。買い手の購買を後押しするのは、抜けのない正確な情報です。商品の強みや独自の特徴を推して、買い手にどんなメリットをもたらすか、買い手の目線になって書きましょう。これらの項目を箇条書きで挙げるのもおすすめです。多くの買い手は長文を読むよりも、ぱっと見て分かる箇条書きのポイントを好みます。

 

3. ターゲットを知る

 

販売している商品のタイプによって、どんな層がターゲットになるのかを確認しましょう。一般的な小売り商品であれば、一般的な人が馴染みやすいような語彙、言葉遣いを意識します。逆にハイエンドの音響システムを売っているのであれば、顧客が日頃使っている専門用語も積極的に使います。

 

4. 個性と結びつき

 

商品のリスティングは、売り手が他社と差をつけて個性を出したいところです。この買い物が買い手にとってどんなメリットがあるか、ユニークで関連の高い文で購買を促しましょう。それぞれのリスティングにあまり注力していない売り手のショップは、似たり寄ったりのページが多くつまらないサイトになっていることがあります。新しい顧客を呼び込むつもりで一つ一つのリスティングを作成しましょう。

 

タイトルの調整、効果的なキーワードを含んだ商品リスティングの最適化が済んだら、次のステップは商品画像の最適化です。

 

まず画像のクオリティが低いか高いかは、一目でわかる大きなポイントです。ECモール内の制限内で、最も良い画質にしましょう。画像は商品の特徴をきちんと捉え、長所を正確に打ち出したものが良いです。複数の角度から見せたり、実際に使っているところの画像があったりすると、サイズ感など実物の想像がよりつきやすくなります。

 

カテゴリー分け

 

これだけ良いリスティングを作成しても、買い手がそれを見つけられなければ意味がありません。ほとんどのECモールでは幾千とある商品をそれぞれのカテゴリーに分類しています。もしあなたの商品をそのどれかに入れ損なってしまったら、リスティングはその他商品に埋もれて見つけられなくなってしまいます。きちんとその商品に合ったカテゴリーに属することで初めて買い手はあなたの商品を見つけられるようになるのです。

 

すでに急成長を遂げているEコマースですが、コロナ禍でさらに拍車がかかったと言えます。ネットビジネスのチャンスも増えましたが、その分競合相手も増えたのが事実です。今日のEコマースで成功のカギを握るのは、オンラインマーケティングをよく理解すること。この記事でご紹介したコツを使って、あなたの商品リスティングを改善し、パフォーマンスの向上を目指しましょう。

無料デモで効果を検証

    Name
    Email
    Phone
    Company