商品情報 – EC売上の要

NavigationE commerce
By Satou Yoko, 2021年6月28日

実際に手に取って見ることのできないオンラインショッピングにおいて商品の説明は非常に重要であり、ストアの売り上げに大きな影響を与えます。より多くの情報を提供して、購買のチャンスを増やしましょう。
近年、オンラインショッピングは多様な進化を遂げています。一昔前のようにお店のウェブサイトのみが購入の場ではありません。スマホアプリやソーシャルメディア、ゲーム内の課金、SiriやAlexaといったバーチャルアシスタントなど、様々な方法で買い物ができるようになりました。売り手は買い手に対して、より多くの正確な情報を与えることが重要です。不完全な、または、間違った商品情報を与えてしまうとどうなってしまうのでしょうか?

 

1. 売り上げの低下

 

たとえ探していた商品であっても、写真や商品の説明文に何らかの間違い、またはタイプミスなどがあると、買い手はあなたのECストアに対して不信感や良くない印象を抱きます。他のストアへ顧客は流れ、引いては売り上げの低下につながります。

 

 2. 返品の確率が増加する

 

ECサイトにおける返品のうち1/4は、「イメージと違った」という理由によるものです。商品説明文が充分でない場合や、大切な情報が抜けている場合、写真が実物の印象と離れている場合などに起こりやすくなります。

 

  

3. エラーのリスク

 

不完全な商品説明はECサイトのバックエンドシステムのオペレーションにも影響を及ぼします。多くのバックエンドシステムは複雑かつ非柔軟であるため、間違った情報によってエラーやシステム不全が引き起こされることがあります。それによって商品のオーダーができなかったり、商品がサイト内から消えてしまうなどといったことが起こります。   

 

4. 絞り込み検索の無効化

 

不完全または間違った情報は、絞り込み検索のためのナビゲーション機能を無効化してしまいます。タグ付けされた属性と説明文が合致していないと絞り込みの検索結果に表示されず、商品はサイトから消えたも同然です。

 

商品の情報、説明文がオンラインストアのビジネスにおいて、いかに大切かご理解いただけたと思います。この記事で紹介した問題の中でも、ナビゲーション機能の問題はもっとも重要かつ複雑です。1から3までの場合はデータベースに情報を加える、または修正するだけで解決されますが、ナビゲーション機能は継続的な修正が求められます。

 

さらに、冒頭で述べたようなアプリやSMSなどを組み合わせたオムニチャネルの形態である場合、事態はより複雑です。ナビゲーションに使用される表現がそれぞれのチャネルによって異なるため、各チャネルに合わせた情報と属性が必要とされます。売り手は常に各チャネルのナビゲーションの内容と独自のフォーマットを会得し続けなければなりません。あなたのストアがより複数のチャネルにて展開されている場合、さらに多くの調整と最適化が必要になっていきます。  

 

オンラインストアでの買い物は、商品を実際に目で見て触れることができません。商品の情報説明はECサイトの要(かなめ)です。より多くの情報を提供することで、キーワード検索に引っかかるチャンスも増えるでしょう。ナビゲーション機能の向上は、よりスムーズな買い物を手助けします。的確で充分な商品情報を提供し、顧客の快適なオンラインショッピング体験を目指しましょう。

無料デモで効果を検証

    Name
    Email
    Phone
    Company