ECモールの検索結果で上位に表示される方法とは

Feed managementSEOE commerce
By Satou Yoko, 2022年7月12日

Eコマースの経営者なら誰もが、より多くの顧客獲得や商品の高い売り上げを目指しているでしょう。しかし多くの人が見逃しているのが商品のファインダビリティ(見つけやすさ)です。この記事では、ECモールの検索エンジンで上位に表示されるコツを紹介していきます。実践して、より多くの買い手にあなたの商品を見つけてもらいましょう。
検索エンジンの検索と、ECモールの検索には明らかな違いがあります。前者は検索した言葉に対して回答が出てくるのに対し、後者は検索した言葉に見合った商品が表示されます。そのためECサイトやECモールのショップにおけるSEO最適化は、他のウェブサイトのSEO最適化と異なるのです。

 

よく使われるキーワードを使うのはどちらのSEO最適化でも同じですが、Eコマースの場合はそれだけでなく、画像やタイトル、商品の説明文などの要素も大きく関わってきます。

 

ECモールにおけるSEO最適化

 

商品データ

 

商品データとは、売り手が提供する商品に関するすべての情報(タイトル、商品説明、画像、レビュー)のことで、以下を含むことがポイントになります。

 

  • 関連高いタイトル
  • 高クオリティな商品の画像
  • わかりやすく情報に富んだ説明文。箇条書きもおすすめ。
  • 買い手が検索からたどり着くための関連キーワード。

 

オリジナリティがあって、かつ関連の高い商品データを作ることが、より多くの買い手を引きつけ、その他の売り手から差をつけるコツです。

 

タイトル

 

商品のタイトルは、買い物客が一番初めに目にするものです。サイズや色、商品のモデルなど、買い手が知るべき情報が含まれているべきでしょう。

 

目を引くキーワードも大切です。とはいえ誇張表現ややりすぎたタイトルには注意しましょう。商品を的確に表す最も関連の高いキーワードを先頭に、その他の重要な情報も加えます。文字数制限に気を付けて、情報に富んだタイトルを考えましょう。

 

タイトルのポイント:

 

  • 商品のタイプ
  • 商品のブランド
  • メインの属性

 

 

上の画像の例は、Ebayで「レノボ ノートパソコン」と検索した結果のうちの一つです。商品のタイトルに、買い手が知りたい情報がすべて含まれています。買い手がタイトルから求めるのは、その商品がなにか、ということです。 このタイトルだけでも、すでに検索結果上位に表示されるチャンスを上げていることがわかります。

 

キーワード

 

キーワードは、買い手が商品を検索する際に使う言葉を指します。しかしEコマースは競争の激しいビジネスであり、似た商品を取り扱う売り手は多く存在します。当然キーワードも似たようなものになってくるため、その中から目立つのは至難の業です。

 

ではどうやってキーワードを選んだらいいのでしょうか?先ほどのノートパソコンの例を見てみましょう。当然メインのキーワードは「レノボ ノートパソコン」です。これで検索してみると、他にどんな関連キーワードがあるのか、買い手がどんな言葉を用いて検索しているのかが見えてきます。グーグルキーワードプランナーも最も使われていて関連が高いキーワードを知るのにおすすめです。

 

通常の検索エンジンでは効果的なロングテールキーワードですが、ECモールではそうとも限りません。ネットショッピングをしようと決めてECサイトやECモールに来る買い手は「ノートパソコン どこで 購入」などと検索してくることはまれです。それよりも目当てのブランドやモデルなどを検索するでしょう。

 

効果的なキーワードを使うことで商品の露出が上がり、より多くの買い手の目に触れることは転換率、売り上げの向上につながっていきます。

 

Eコマースの経営者なら誰もが、より多くの顧客獲得や商品の高い売り上げを目指しているでしょう。しかし多くの人が見逃しているのが商品のファインダビリティ(見つけやすさ)です。

 

商品データを最適化することでECモールの検索結果の順位が変わり、より高い転換率を目指すことができるでしょう。

 

LISUTO(株)ではEコマースの知識と経験をもって、あなたの商品データ最適化のお手伝いを行っています。 独自のAIテクノロジーで既存の商品データを精査、ECモールの規定ごとにタグ付けを行い、最適な形にグレードアップします。楽天市場とYahoo!ショッピングに公式ツールとして認定されている、タグを自動登録できるツール「AIタッガー」によってどれだけ効果が期待できるのかは、無料で検証することが可能です。お気軽にお問い合わせください。

無料デモで効果を検証

    Name
    Email
    Phone
    Company