ECモールの検索結果の順位を上げるためにできること

Feed managementSEOTaggingE commerce
By Satou Yoko, 2022年8月01日

ECモールの検索結果を最適化することは、ECモールに出品している商品のパフォーマンスを上げるのに欠かせません。正しい調整を行うことで、検索結果の順位を上げることができます。ECモールによって最適なデータ入力の仕方はそれぞれ規定されているものの、いまだ多くの売り手は検索結果最適化への意識が低く、ビジネスを次のレベルへ押し上げるチャンスを逃しています。
ECモールの検索結果最適化(MSO)

 

小売業におけるオンラインショッピングのシェアは近年さらに上昇しており、消費者にとってもオンラインショッピングの一般化が進んでいます。市場の拡大に伴って、EbayやAmazon、楽天市場などに出品する売り手間の競争もより激しくなっています。

 

他の売り手との競争においてキーとなるのが、検索結果の順位です。では何を変えればその順位を上げることができるのでしょうか?

 

最適化の条件

 

検索結果最適化につながるいくつかのコツを見ていきましょう。

 

  1. 一貫性
販売チャネルが複数ある場合、最適化のキーとなるのはその一貫性です。その理由は二つあります。

 

一つは、買い手があなたの商品を別々のECモールまたは販売チャネル(SNSや店舗など)で見つけた場合。同一商品は、商品名や詳細、値段などがすべてのチャネルで共通でなくてはなりません。同じショップなのにAmazonと楽天市場で値段が違ったら、ショップへの信頼度が落ちてしまいます。

 

次に、それぞれのECモールで求められる、商品情報。モールによってその規定はさまざまです。すべてのモールにおいて規定に沿った情報を登録するためにも、データの均一性は欠かせません。

 

  1. 商品名の最適化
買い手が始めに目にするものの一つである商品名は、最適化することで、ECモール検索において商品のファインダビリティ(見つけやすさ)を飛躍的に上げることが分かっています。商品名は、買い手にとって最も重要で関連性が高い情報、つまり、ブランドや商品タイプ、色、サイズなどが含まれていることが必須です。買い手の購入の判断を効果的に手助けします。

 

また、言葉を並べる順番にも注意してみましょう。まずはこの商品が何なのか、そしてブランド名、そのあとに色やサイズといった重要な情報を並べます。

 

  3.商品説明の最適化 買い物客がリンクをクリックしたら、次に大切なのは商品説明です。買い手の興味や求めている情報を考慮して、関連の高いキーワードやフレーズを含んだ文章、そして正確で完成された情報を提供することで、ショップへの信頼度はぐんと高まります。また、ECモールの検索エンジンが探しているのも上記のような文章であるため、商品説明文の完成度を高めることで、必然的に検索結果の順位も上がってくるのです。

 

以下の画像は商品説明の悪い例です。箇条書きで商品の特徴を書くのがおすすめですが、画像では改行すらなく、買い手に読む気を起させません。検索結果も、このままではとても低いことが予想されます。

 

 

  1. メタデータと検索タグの最適化
商品が無限にあるECモールの中から目当ての商品を見つけるのは指南のわざです。だからこそ売り手は、買い手の目線になって商品を見つけやすくしなければなりません。サイトナビゲーションや属性のナビゲーションは、膨大な検索結果を狭める手助けとなります。

 

絞り込んだ後の検索結果に商品が表示されるためには、商品の属性タグが付けられていなくてはなりません。例えば、グッチのセーターのメタデータを最適化するには、ブランド:グッチ、タイプ:セーター、色:白…などのタグを付けます。関連タグが多く付けられているほど、絞り込み検索で表示される可能性が高くなります。

 

  1. バックエンド検索を使う
キーワードを商品タイトルや商品説明に使用しましょう。ただしやりすぎには注意です。ECモールによっては、バックエンドの検索タームにキーワードを追加できる場合もあります。その場合、買い物客はそれらのキーワードを見ることはありませんが、ECモールの検索エンジンが探知して、検索に引っかかるようにしたり商品の順位に影響したりします。

 

以下はAmazonのセラーセントラル掲載の、検索タームを改善するコツです。

 

  • 検索キーワードの長さの制限を維持します。
  • 同義語を使用します。
  • 綴りのバリエーションを使用します。ただし、よくあるスペルミスは除外します。
  • 略語を含めます。
  • 小文字のみを使用します。
  • 「;」、「:」、「-」などの句読文字は避けます。
  • 単語間にスペースで分離します。
  • 反復を避けます。
  • 冠詞、前置詞、または「a」、「an」、「and」、「by」、「for」、「of」、「the」、「with」などの短い単語は避けます。
  • 単数形、複数形のいずれかを使用します。

 

禁止されている検索キーワード:

 

これらのルールに違反すると、ASINが検索対象外になり、出品用アカウントの健全性が低下する可能性があります。

 

禁止されている文言は次のとおりです。
  • 出品者のブランド名またはその他のブランド名
  • ASIN
  • 冒とく的な表現
  • 「新しい」や「セール中」などの一時的な表現
  • 「最高」、「最低価格」、「素晴らしい」などの主観的な表現
  • 不快感を与える表現(違法な活動を助長する表現、憎悪、暴力、人種差別、性的差別または宗教的不寛容を美化する表現)
 

 

ECモールの検索結果最適化(MSO)かGoogle広告か

 

 

より効果的なのは、売り手が自分で管理することのできるMSOです。Google広告はクリックごとに広告費を払う必要がありますが、MSOは商品のアップロードが一度終わればその後いくら商品が閲覧されても追加費用は発生しません。MSOがGoogle広告に負けている唯一の点は、最適化のために手順が必要なことだけでしょう。  

 

さいごに

 

ECモールの検索結果最適化(MSO)は、ECモールに出品する限りパフォーマンスの向上に欠かせません。正しい調整を行うことで、商品が検索結果に表示される順位を上げることができます。ECモールによって最適なデータ入力の仕方はそれぞれ規定されているものの、いまだ多くの売り手は検索結果最適化への意識が低く、ビジネスを次のレベルへ押し上げるチャンスを逃しています。特に代理店にデータの処理を任せているという方は注意です。ほとんどの代理店はMSOにまで気を配っていないことが多いようです。いま一度、出品中の商品データをチェックして、ECモールでのパフォーマンス向上に努めましょう。

無料デモで効果を検証

    Name
    Email
    Phone
    Company