サイト内検索とナビゲーションのためのデータフィード最適化

Search engine marketingSEONavigationE commerce
By Satou Yoko, 2021年11月22日

商品フィードの最適化はECサイトにとって非常に重要です。なぜならほとんどの場合、買い手はさまざまなキーワードや表現の仕方で彼らの探している商品の検索を行うからです。サイト内検索やサイトナビゲーションのためにも、商品フィードは正確で完成された状態でなくてはなりません。
ECサイトに訪れるほとんどの買い手が検索することから買い物を始めます。例えば「黒のレザージャケット」を探している買い手がいたとします。検索結果で目的の商品が見つけられなかった場合、根気強い買い手であれば「レザーコート」などと言葉を変えて再検索してくれる場合もありますが、「該当なし」となったりさらに関連性の低い検索結果が表示されてしまうことがほとんどです。

 

さらに粘り強い買い手であればフィルターを試してくれるかもしれません。「商品タイプ」の属性では「ジャケット」、「色」の属性では「黒」を選択するでしょう。ところが表示されるのはそれらの条件に見合った別の商品で、買い手が求めていたものではなかったとします。この時点で、買い手はあきらめて他のサイトへ移ってしまうでしょう。売り上げの機会損失となりますが、もっと残念なのはサイトに黒のレザージャケットがあった場合です。

 

サイト内検索の構築がうまくされていなかったために、買い手は商品を見つけられずに売り手は売り上げのチャンスを逃してしまいました。

 

この記事ではこういった失敗を防ぐため、サイト内検索をうまく構築し、商品データを改善するコツを紹介します。

 

サイト内検索の重要性

 

サイト内検索のレベルの高さは、サイトのコンバージョン率(転換率)に直結します。

 

買い手の求めるハイスタンダード

 

今日のEコマースにおける顧客は、Googleなどで慣れているハイレベルな検索機能をECサイトにも求めています。一つの例として、検索結果でたとえ正確に一致する商品がなかった場合に少なくとも類似の商品を提案することなどが求められます。そんな機能すらないと、買い手はサイトにがっかりして競合他社サイトへ流れてしまうでしょう。

 

‘検索タイプ’の買い手

 

先述の通り、ほとんどの買い手は買い物を検索することから始めます。ところが中には「閲覧タイプ」の買い手、つまりサイトナビゲーションを使っていろんなカテゴリーを巡回するようなウィンドウショッピング目的の買い手もいます。そうではない、明確に買いたい商品が決まっていてサイト内検索を使用するタイプの買い手を「検索タイプ」と呼びます。

 

検索タイプの買い手は高い転換率を持っており、平均で40%の売り上げも彼らによるものです。なぜなら彼らはすでに買いたい商品のリサーチもすんでおり、サイトに来た時にはただできるだけ早く簡単にその目当ての商品を見つけることだけを目的としているからです。その手助けをするために必要なのが、ハイクオリティなサイト内検索です。そしてそのサイト内検索の鍵となるのは豊富な商品データになります。

 

商品データの重要性

 

商品の検索をする際、買い手はさまざまな言い回しやキーワードを使って探している商品を表します。商品の色から素材、サイズにわたり、それぞれのキーワードが関連商品と結びついて検索結果として出されるためには、検索クエリがサイト内すべての商品とその属性にきちんとマッチしている必要があります。サイト内検索がきちんと機能するためには、商品のデータフィードが正確で完成されたものでなくてはなりません。

 

商品データはサイト内検索に限らず、サイトナビゲーションにおいても重要です。

 

 

買い手が商品の名前や商品を説明するようなキーワードをサイト内検索バーに書き込んだ場合、それをフリーテキスト検索と呼びます。もっともベーシックで分かりやすい検索の仕方です。ebayを例に見てみましょう。

 

 

買い手が「検索」をクリックすると、通常そのキーワードを含んだ検索結果が表示されます。もしその商品がない場合は、それに類似する商品がおすすめされます。大手ECモールは、独自の検索ソリューションもしくはカスタマイズされたソリューションを持っていることがほとんどです。中小ECサイトの売り手は、通常カスタマイズの自由があまり効かない第三者のソリューションを使用しています。

 

商品データとフリーテキスト検索

 

  先述の通り、サイト内検索をうまく機能させるには正確に完成された商品フィードが必要です。検索がかけられると、検索「エンジン」が商品フィードをスキャンして選択し、検索クエリにマッチした商品を表示します。 商品名、商品説明またはその属性など、関連キーワードが商品フィードに記されていない場合、検索エンジンはその商品をマッチさせることができません。

 

商品フィード改善のコツ

 

 
    • キーワードを使って商品名と商品説明文を改善します。買い手がどんなキーワードを使って検索をしているか事前に傾向を調べましょう。
    • タイプミスや文の重複、リンク切れなどのエラーがないかどうか、きちんと推敲しましょう。
    • すべての商品をもらすことなく、正しいカテゴリーに振り分けましょう。

 

さらに詳しい商品フィード改善についてはこちら

 

  サイトナビゲーション

 

フリーテキスト検索に次いで行われるのが、絞り込み検索によるサイトナビゲーションです。サイトナビゲーションはファセット検索や属性ナビゲーションなどとも呼ばれる、買い手が欲しいものを見つけやすくするための機能です。買い手は特定の属性を選択することで検索結果をより関連高いものへ絞り込むことができます。

 

例えばebayでスニーカーを買いたい場合、「サイズ」「色」「素材」の属性からそれぞれ「9」「赤」「レザー」を選択すると、3万点以上あった検索結果を29点まで狭めることができます。

 

 

サイトナビゲーションと均一性

 

フリーテキスト検索同様、サイトナビゲーションにも商品フィードの正確性が求められます。すべての商品に正しい属性と特性がタグ付けされていないとサイトナビゲーションは機能しません。また、タグが均一であることも大切です。一つの属性を違った言い方で表したり、一つの色を詳細に分けすぎるのはよくありません。ほとんどの買い手は「マジェンダ」よりも単純に「赤」で検索をするでしょう。こうした均一性は、売り手にとっても管理のしやすさにつながります。

 

商品データフィードの最適化

 

  ベースとなる商品の属性を制作し、不必要なバリエーションを除きます。:
  • 商品タイプ
  • ブランド
  • 素材
  • 価格

 

 

さらに詳しいサイトナビゲーションのための商品フィード最適化についてはこちら 

 

完璧な商品フィードの作成、また、それぞれのECモールに適したフォーマットでのタグ付けは非常に難しく時間のかかる作業です。

 

Lisuto(株)では最新技術とEコマースの知識を組み合わせて、商品のデータフィード最適化のお手伝いをします。Lisuto(株)のAIテクノロジーが全ての商品情報をチェックし、それぞれのECモールに合わせた形式でタグ付けからその修正まで行います。均一化されたハイクオリティな商品フィードは、ECモールでの検索結果においてもサイトナビゲーションにおいても、より高いアクセスとセールスをもたらすでしょう。

無料デモで効果を検証

    Name
    Email
    Phone
    Company