ECモールの商品データを改善する7つのステップ

Data QualityFeed managementE commerce
By Satou Yoko, 2022年6月28日

ECモールに出品する売り手が目指すのは、検索結果のページ上位に自分の商品が表示されることでしょう。それを叶えるためには、商品データの最適化が欠かせません。この記事では、ECモールに出品するための商品データを改善する7つのステップを紹介します。


ECモールやECサイトに訪れる買い物客は、Googleなどの検索エンジンから来ているケースがほとんどです。これだけ多くの競合相手がいる中で、個人のECサイトがましてやAmazonやEbayなどの大手には勝てないと思われるかもしれません。しかし、基本的なルールを見直すことでサイトの閲覧数や売り上げを増やし、競争率の高いプラットフォームで周りと差をつけることができます。

 

Step 1: キーワード

 

買い手がネットショッピングで商品を探す際、キーワードを使って検索を行います。顧客が最も頻繁に使うであろうキーワードを予想して商品データを最適化しましょう。それによって、検索結果ページでより上位に表示されるようになります。

 

どんなキーワードやキーフレーズを含むか決める際には、一単語だけでなくロングデールキーワード、つまり3〜5単語以上のキーワードがおすすめです。例えば「エアジョーダンスニーカー」よりも「エアジョーダン ミッド1 レッド ブラック」のほうがより具体的で、商品を探している買い手にとって関連性が上がります。Google広告などを参考に、どんなキーワードが最も使われているのか調べてみましょう。

 

Step 2: 商品タイトル

 

商品のリスティングで最も重要とも言えるのがタイトルです。タイトルは買い手が一番初めに目にしてクリックするか決めるものであり、検索エンジンがどんな商品かを判断するためのものでもあります。そのため情報に富んで、効果的なキーワードを含んだ関連性の高いものでなくてはなりません。とはいえ、やりすぎには注意しましょう。長すぎて混乱してしまうものより、短くて的確なタイトルのほうが買い手を引きつけます。

 

Step 3: 画像

 

商品画像なくしてはリスティングは完成しません。商品の良さを見せ、 転換率を上げるのに役立ちます。出品するECモールの規定内でできる限りの高画質のものを使い、複数のアングルから商品を見せましょう。SEOの観点から言うと、画像のファイル名に関連性の高いキーワードを使うことが大切です。そうすることで検索エンジンに画像の関連性が伝わるため、検索結果の表示がより上位になります。

 

また、研究によると、買い手の内73%が、レビュー動画を見た後に商品の購入を決定していることが分かっています。売り手としてもより多くの情報を与えることで、買い手の決断を後押しできるでしょう。

 

Step 4: 商品説明

 

買い手がタイトルをクリックしたら、次に売り上げへとつなげるのは商品の説明文です。出品しているすべての商品に平等に、オリジナリティのある魅力的な商品文を書きましょう。キーワードやキーフレーズを含むことで、検索エンジンのランキングも上がるうえに商品の見つけやすさも向上します。

 

ほとんどのECモールに商品説明文の上限は設定されていますが、600-800字前後が最適です。短すぎる説明文は、検索エンジンボットに無効とみなされてインデックスされなくなる可能性もあります。

 

説明文は、売り手が他社と差をつけることができる表現の場です。商品の良さを存分に説明し、購入することで買い手が得られるメリットを挙げましょう。

 

箇条書きもわかりやすく、かつ買い手の目に留まりやすいためおすすめです。なぜこの商品を買うべきなのか、買い手にシンプルに説明しましょう。

 

Step 5: カスタマーレビュー

 

買い物客の中でも、レビューを見る人はそうでない人と比べて58%も転換率が高いということをご存じでしょうか。それだけ商品のレビューは重要であるということです。商品に満足した買い手には積極的にレビューを書いてもらい、商品の付加価値を高めてもらうような仕組みを作りましょう。

 

買い物客が売り手側に求めるのは、役立つサポートとその際の心地よいやりとりです。  買い手が売り手に連絡をしてきた際にはそのことを忘れずに、丁寧なマナーとサポートを心がけましょう。そういったやりとりは買い手の心に残り、ブランドへの信頼心につながります。

 

Step 6: リンク

 

ECモールによっては、商品説明文の中にリンクを含んでもいい場合があります。クロスセルの機会として有効活用しましょう。似た商品や関連商品を提示することで、買い手はさらに買い物を楽しむことができます。また、商品同士のつながりを持たせることで、検索エンジンボットにショップの構成を理解させるのにも役立ちます。

 

商品に興味を持った買い手に対して、ブランドのECサイトや製造元のサイトなど、商品やブランドをさらに知ることのできるリンクを提供するのも良いでしょう。関連サイトやブログなど、商品をさらに拡散させるためのネットワークづくりが大切です。また、商品に関連する参考文献なども発行元に問い合わせたうえでリンクさせると、さらにブランドを発展させることにつながります。

 

Step 7: 商品の属性 

 

買い手に購入の決定を促すためには、商品についてできるだけ多くの情報を提供することが第一です。そのためにはサイズやカラー、素材、タイプなどの属性をタグ付けすることが効果的です。商品に関連する属性が多ければ多いほど、買い手は商品を見つけやすくなります。逆に、タグの付け間違いやつけ忘れは商品が検索結果に表れなくなってしまいます。

 

最後に

 

競争のEコマースで周りと差をつけるには、リスティングの最適化が欠かせません。

  • Step 1: キーワード - あなたのショップに最も関連するキーワードを使う
  • Step 2: 商品タイトル - 情報に富んで、すぐにわかるものにする
  • Step 3: 画像 - 高画質で、多角度から商品を見せる
  • Step 4: 商品説明 - オリジナリティがあって、高クオリティであること
  • Step 5: カスタマーレビュー - 活性化させ、活用する
  • Step 6: リンク - 類似商品へのリンク、またECサイトへのリンクで閲覧数を上げる
  • Step 7 商品の属性 - しっかりタグ付けして商品の見つけやすさを上げる

7つのステップであなたの商品データを最適化し、ECモールでどれだけ成果が出るかぜひ試してみてください。

無料デモで効果を検証

    Name
    Email
    Phone
    Company